会員専用ページ

港北区薬剤師会会則

第1条

本会は港北区薬剤師会と称す。

第2条

本会は事務所を横浜市港北区に置く。

第3条

本会は、薬事衛生をつかさどる専門職として、区民の健康増進及び公衆衛生の向上に寄与するため、薬剤師の倫理水準、学術水準の向上と薬学薬業の進歩発展を図り、会員のため必要な事業を行うことを目的とする。

第4条

本会は第3条の目的を達成するため下記の事業を行う。

  1. 生涯学習及び職能を発揮するための学術研修会の開催または共催・後援に関する事項
  2. 薬事に関連する法規・医療保険関連法規の伝達及び周知に関する事項
  3. 広域病院を中心とした薬々連携に関する事項
  4. 広域化した医療に対する、医療圏薬剤師会との連携に関する事項
  5. 薬学教育における薬学生実務実習受入れに関する事項
  6. 地域包括ケアシステム(在宅・介護)に関する薬剤師の参画に関する事項
  7. 学校及び地域における薬物乱用防止啓発活動に関する事項
  8. 医師会・歯科医師会等の関連団体との連携及び交流に関する事項
  9. 其の他目的達成に必要な事項

第5条

本会は原則港北区内に勤務又は在住する薬剤師並びに薬事関係者をもって組織する。

第6条

本会の会員は以下の2種類とし、正会員をもって総会構成員とする。

  1. 正会員
    正会員は横浜市港北区において薬業関係開設許可を受けた開設者又はその管理薬剤師とする。
    但し、一開設許可単位とする。
  2. 個人会員
    (1)個人会員A:正会員の事業所に勤務する薬剤師並びに薬事関係者
    (2)個人会員B:本会の主旨に賛同する薬剤師並びに薬事関係者

第7条

本会は下記の役員を置く。
会長  1名
副会長 4名以内
理事  5名以上20名以内(専務理事及び常務理事を含む)
監事  2名

第8条

会長及び監事は総会に於いて、会員の中より選挙又はその他の方法によって定める。副会長、理事は会員の中より会長が指名する。

第9条

役員の任期は2年とし、補欠役員の任期は前任者の残存期間とする。但し再任を妨げない。

第10条

役員は次の任務を担う。

  1. 会長は本会を代表し会務を総理する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。
  3. 専務理事は、会長及び副会長を補佐し、会務を掌る。
  4. 常務理事は、会長、副会長及び専務理事を補佐し、常務を掌る。
  5. 理事は理事会に於いて決定した担当業務を掌る。
  6. 監事は本会の会務を監査し、又総会に於いて監査報告を行う。

第11条

本会は第7条で定める役員の他に顧問・相談役を理事会に於いて定めることができる。

第12条

本会の会議は例会・理事会・常務理事会及び総会とする。

第13条

例会は会員相互の研修・連絡調整のため原則として年10回開催し、会長が招集する。

第14条

理事会は会長・副会長・理事によって構成され、会長が招集する。
原則として毎月1回開催し、会長が議長にあたる。

第15条

常務理事会は、会長・副会長・専務理事・常務理事によって構成され、会長が招集し、議長にあたる。

第16条

総会は年度終了後2カ月以内に開催し、正会員の過半数を以て成立する。議決は出席者の多数決によって決し、同数の時は議長が決する。前記の総会以外に、会長が必要と認めた時、又は正会員の3分の1以上の要求があった場合、臨時総会とする。総会は会長が招集する。

第17条

総会は次の事項を決議する。

  1. 会則及び細則の改正
  2. 事業計画案及び収支予算案の承認
  3. 事業報告及び収支決算報告の承認
  4. 会費の改定
  5. その他重要事項

第18条

総会で定められた本会の会費は遅滞なく納入するものとする。

第19条

本会に入会を希望する者は入会申込書を理事会に提出し、承認を得なければならない。

第20条

前条の通知を受けた者は速やかに入会金を納入するものとする。尚、入会金額は細則により定める。但し、いかなる場合といえども既納の入会金会費は返還しない。

第21条

本会の事業年度は1年とし、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第22条

本会は理事会の決定により委員会及び部会を設けることができる。

第23条

本会則に定めるものの外、会の運営について必要な事項は理事会に図りこれを定める。

附則

  1. 本会則は平成10年4月1日より施行する。

平成10年5月26日制定

細則

  1. 本会の会費・入会金規定は別途定める。
  2. 会員の慶弔金、疾病、災害見舞い、会員の出張交通費などについては、理事会に於いて決定する。
  3. くすりと健康相談薬局の申請内容の確認は常務理事会で行う。
  4. 本会の会員は、医療法で定められた医療提供施設の責任において、医療計画における医療連携体制に参加する為、神奈川県薬剤師会および横浜市薬剤師会の会員であることが望ましい。

平成10年5月26日制定
平成27年 7月 1日改正
平成28年5月28日改正

港北区薬剤師会会費・入会金規定

  1. 会費は次の通り定める。
     会則第6条1.正会員
      1.保険薬局   毎月6,000円
      2.保険薬局以外 毎月4,000円
     会則第6条2.
      (1)個人会員A  毎月500円
      (2)個人会員B  毎月3,000円
  2. 入会金は次の通り定める。
     会則第6条1.正会員 50,000円
     会則第6条2.
      (1)個人会員A   5,000円
      (2)個人会員B   10,000円

休日診療所及び夜間急病センター出動規定

  1. 休日診療所の出動資格者は、理事会の承認を得た、原則として60才以下の港北区薬剤師会会員とする。
  2. 夜間急病センターの出動者は上記の1. かつ横浜市薬剤師会会員であり、理事会の承認を得た会員とする。
  3. 休日診療所出動希望者は理事会に出動希望を申請する。
    理事会は調剤経験を考慮し、研修期間を定めることができる。
  4. 休日診療所の出動者は、事務手数料として出動ごとに2,000円を徴収する。

平成10年5月26日制定
平成10年9月22日改正
平成11年7月27日改正
平成19年6月19日改正
平成28年5月28日改正

港北区薬剤師会会議室使用規程

(目的)

本規程は港北区薬剤師会の会議室使用について、適正な管理運営に関し必要な事項を定める。

(使用日及び使用時間)

港北区薬剤師会使用日以外の日の午前9時から午後5時までとする。
ただし、使用者から予め申し出があり、承認された場合はこの限りではない。
原則として準備または片付けの時間を含む。

(使用の予約受付)

使用予約は使用日の3か月前より、受付を開始する。ただし、使用日が港北区薬剤師会の使用と重複した場合は、港北区薬剤師会を優先することとする。
予約受付は午前10時から午後4時までとする。

(使用の承認)

会議室の使用は、所定の使用【申込書】によりにより港北区薬剤師会長へ提出し承認を受けなければならない。
使用申込書は使用日の1か月前までに提出することとし、その使用を承認するときは使用【承認書】により通知する。

(使用の制限)

公序良俗に反したり、施設を毀損、保健衛生上の問題、暴力行為や近隣住民に被害や迷惑を及ぼす恐れがある、許可なく物品販売、寄付の勧誘、宣伝行為、広告物の掲示・印刷物の配布を行う恐れがある等、会議室の使用が不適当と認められる使用申込については承認しない。

(使用条件)

使用者は港北区薬剤師会会員に限定する。
また、港北区薬剤師会は使用承認にあたって条件を付することができる。

(使用の取消)

使用承認後に使用の制限もしくは使用条件に違反することが判明した時、使用申込書の記載内容と異なる場合、又は下記に該当する場合は、使用を取り消すことができる。

  1. 災害その他の不可抗力によって、貸し出しが困難になったとき
  2. 行政機関から施設の使用中止命令や催物の開催中止勧告が出されたことにより、催物の開催が困難となったとき

(使用料の納入)

1回または1日の使用料は2,000円とする。
使用料は鍵の貸出時前納とし、理由の如何により返金することはしない。

(鍵の貸出及び返却)

事務局での対応は、使用日の前後1週間以内とする。
遵守されない場合は、その後の貸し出しは承認されないことがある。

(遵守事項)

使用者は次の事項を守らなければならない。

  1. 付帯設備を会議室外に持ち出さないこと。
  2. 許可なく、壁、窓、扉等に貼紙し、又はくぎ類を打たないこと。
  3. 許可なく危険もしくは不潔な物品または動物を持ち込まないこと。
  4. 許可なく火気を使用し、又は特別な設備をしないこと。
  5. 喫煙しないこと。
  6. 許可なく寄付金の募集、物品の販売等をしないこと。
  7. 騒音、怒声等を発し、又は暴力を振るう等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。
  8. 関係職員の指示に従うこと。

(免責)

港北区薬剤師会は次の事項について、その責を負わないこととする。

  1. 持ち込み品、所持品等の盗難、毀損、紛失
  2. 使用者の故意または過失に起因する損害
  3. 天変地異、災害または交通機関の不可抗力に起因する損害
  4. 本規定に違反して生じた損害

(損害賠償)

使用者の故意または過失により、港北区薬剤師会所有の付帯設備、機器類または備品が汚損、毀損、または紛失した場合等の港北区薬剤師会が受ける損害については、使用者に賠償請求することがある。

(その他)

本規程に定めるもののほか、会議室の使用に関し必要な事項は港北区薬剤師会長が定める。
本規程の改廃は、港北区薬剤師会理事会の議決による。

(附則)

本規程は、平成29年4月1日から施行する。

ページトップへ